夜遅くムンバイーに到着した時の救世主?国際空港周辺のホテル

 

Posted on 20 Oct 2018 21:00 in トラベル・インド by Yoko Deshmukh

カプセルホテルには泊まってみたいです。



わたしの住むプネーの空港からは、ほぼ国内線しか運行していないため、海外に出かける時には片道平均4~5時間、市街の渋滞状況によっては6時間ほどかかるムンバイーのチャットラパティー・シヴァージー国際空港を利用することになる。

幸い、わが家の場合は、シッダールタの会社でお世話になっているドライバー稼業のプラヴィンさんが送迎してくれることがほとんどだが、通常はムンバイー到着日時が分かった時点で、事前に同空港とプネーとの間を往復するタクシー会社(KK Travelsなど)を予約しておかなければならない。
初めてのインドで、深夜に到着する場合には不安もあるのではないだろうか。
わたしも特に長旅で疲れている時には、何時間も車に揺られるよりも、一息休憩してからプネーに帰りたいな、と思うことがよくある。

本日たまたまツイッターを眺めていたら、そんなわたしたちに朗報となりそうな、ムンバイー国際空港周辺のホテルを紹介する記事を見つけた。
その中から超高級ホテルを除いた9物件(1万ルピー未満)を、ASKSiddhiで紹介してみようと思う(いずれも2018年10月現在の情報)。

18 Best Hotels Near Mumbai Airport for All Budgets - Trip Savvy

まず驚いたのは、快適そうなカプセルホテルすらあることだ。

1. Urbanpod Hotel - カプセルホテル
1泊1,800ルピーから。
インド初のカプセルホテルということで、シンガポールの建築家によるおしゃれな設計となっている。
女性専用カプセルや窓付きダブルベッド仕様のスイートカプセルなどを含む140室を備える。
カプセル内にはテレビ、無料Wi-Fi、充電用USBポート2カ所、電源、金庫が完備されている。
国際空港からウーバー(Uber)で20分。

2. Backpacker Panda Appetite
空港からウーバーでおよそ10分のバックパッカー向け清潔な物件とのこと。
プライベートルームと(女性専用室を含む)ドミトリーがあり、屋上にはラウンジもある。
プライベートルームは1泊1,400ルピー、ドミトリーは800~850ルピーほど。

3. Niranta Airport Hotel and Lounge - ターミナル内トランジットホテル
ターミナル直結のトランジットホテル。
国内線ターミナルへの無料シャトルサービスあり。
1泊8,500ルピーから。
短時間の滞在も可。

4. Hotel Kohinoor Continental
たぶんプネーにもある「コイヌール」と同系列。
客室数137室の中級ホテル。
会議室やジム、24時間営業のカフェなどを備えている。
デイタイム滞在割引あり。

5. The Mirage
ターミナル至近のホテル。
1泊6,000ルピーから。

6. T24 Residency
環境配慮型ホテル。
国際線ターミナルからウーバーで10分以内にあり、空港のパノラマビューを楽しめるスタイリッシュなホテルという。
1泊およそ5,500ルピーから。

7. Hotel Suba International
国際線ターミナルと国内線ターミナルの中間に位置する。
1泊およそ5,500ルピーから。

8. Hotel Le Grande
国際線ターミナルからウーバーで約10分、国内線ターミナルから約15分。
税込み1泊およそ4,000ルピーから。

9. The Ibis
プネーからの往復時、いつも目にするAccorhotels系ホテル。
1泊6,000ルピーから。

本日アクセスが多かった記事
ビハール州パトナとブッダガヤーを訪問して:まとめ 14 Oct 2018

インディラ・ガーンディー国際空港ターミナル3の様子、機内食、その他あれこれ:写真編 13 Oct 2018​​
プネーの国際交流ティーパーティーは10月21日(日): Meet Me at Pune International Tea Party on 21st Oct. Sunday Posted on 16 Oct 2018
ポルトガル鉄道のインターネット事前切符予約 26 Oct 2016​
Trip to NIT Patna: The Report 15 Oct 2018

 





      



About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments